●「接遇改善チームとは?」


多くのスーパーマーケット、ドラッグストアでは、「セルフレジ」もしくは「セミセルフレジ」を導入しており、レジチェッカーさんに求められる接遇の基本も大きく変化してきました。

しかし、どんなにレジでの機能変化が進んでも、レジでのお客様への「感謝」を込めた接遇対応力は、お客様からの「ストアロイヤリティ」を大きく変化させます。

◇JOCは「こんな接客応対していただいたら、うれしいなぁ~」という買物主婦目線で、ズバリ、接遇面の問題点を浮き彫りにします

◇チェッカー(レジ)部門は、単なる商品登録だけでなく、お店の「好感度イメージ」を確実に左右します。だからこそ、チェッカーさんの一言、振る舞いは、益々大切なのです。

◇先進的な食品スーパーマーケット(ヤオコー様 ヨークベニマル様等)では、入口の掲示板に、店長の写真と並んで、必ずチェッカーチーフさんの写真が掲示してあります。

つまり、それだけ、チェッカー(レジ)さんは、お店の代表としての自覚が求められているのです。

◇そんな視点で、お店に入り込み、一緒になって、お店の信者(ファン)を増やす活動をするのが「JOC接遇改善チーム」なのですよ